フロリードDクリームの効果

白癬菌やカンジダ菌の増殖を防ぐ、フロリードDクリームという薬があります。持田製薬が製造するもので、先発医薬品に該当します。
フロリードDクリームが作用する白癬菌というのはカビの一種であり、身体中に感染する可能性がありますが、そのほとんどが足に集中しており、水虫の原因菌としてよく知られています。足の他では手の指、爪、性器などにも感染し、水虫の他、カンジダ症の治療に、このフロリードDクリームが使われることがあります。
1日に2~3回、感染した部位に擦り込むように塗布するのが基本です。塗る前には患部を清潔にしておきます。患部よりやや広い範囲にクリームを塗るようにすると、より効果的です。比較的効果が出るまで早いとされている薬ではありますが、根気よく継続して使用することが大切です。早く治したいと大量に塗りつけたり、1日に4回以上使用することのないよう注意してください。一見症状が治まったようでも、ここで薬をやめてしまうとすぐに再発する恐れがあります。医師や薬剤師の指示通りに使うようにしましょう。
フロリードDクリームは通販で購入することが可能です。また別に、ジェネリック薬も発売されています。
薬を使うのは治療目的で、予防効果を求めるものではありません。白癬菌の感染を防ぐには、日常生活を見直すことが一番です。蒸れやすい靴を日常的に履く時は、靴や靴下をこまめに洗ったり日に干す、足を毎日石鹸で洗う、足の角質を軽石でこすりすぎないなどの工夫が必要です。
フロリードDクリームの他にもエンペシドクリームという薬があります。エンペシドクリームは幅広い真菌に効くことができて、白癬菌やカンジダ菌や癜風にも効果があり、副作用も比較的少ないのが特徴です。
性器にカンジダ菌が繁殖するのは、病気や寝不足、疲労などによる身体の抵抗力の低下、ストレス、他の病気の治療薬が原因であることが目立ちます。規則正しい生活をし、感染を防ぎましょう。

■カンジダにオススメの医薬品はこちら
膣カンジダを自宅で治す!【エンペシド膣錠】のネット通販サイト