03/14/15

カンジダは再発することもある性病です

カンジダになってしまった時に、フロリードDクリームを利用することで、完治させることはできますが、気を付けないと再発を繰り返すことになってしまいます。
カンジダは、一度治っても、複数の異性と無防備に付き合うことで、再度感染しやすくなってしまうのです。
また、ほかの性感染症で治療を受けている方は、治療のために服用する抗生物質によって、カンジダを再発しやすくなってしまいます。
不特定の異性と性行為を持っている方は、安易な交際をしないように気を付けましょう。
また、カンジダは性行為だけではなく、ストレスによっても再発しやすくなってしまいます。
ストレスを感じたり、生活が不規則になることで免疫力が低下してしまうのですが、その結果、カンジダ菌が繁殖しやすくなってしまうのです。
普段から、強いストレスを感じやすい生活を送っている方や、生活が不規則になりやすい方は、フロリードDクリームを使って治療を行っても、再発しやすい状態になってしまいます。
再発を防止したいときには、ストレスを和らげるような生活に変えるようにしたり、規則正しい生活を送るように心がけましょう。
フロリードDクリームを使う時には、性行為について考えたり、生活スタイルの見直しを行う必要が出てきますが、女性の場合、陰部を清潔に保つように気を付ける必要もあります。
密着性の高い下着をつけていたり、陰部を簡単に洗浄している方は、菌の繁殖を防止することができなくなってしまうのです。
再発を防止したいときには、体に密着しすぎない下着を着用したり、殺菌作用のあるデリケートゾーン専用の洗浄剤を使い、陰部を清潔に保てるようにお手入れにも力を入れてみるとよいでしょう。

03/4/15

フロリードDクリームの副作用

フロリードDクリームとは、ミコナゾール硝酸塩を主に配合した外用薬で、白癬菌などのカビ菌の増殖を抑え、抗菌作用によって病状を改善することができます。一般的に水虫やカンジダ症、癜風などの治療に使用されます。

フロリードDクリームは、副作用が少なく、安全に使用できる医薬品ですが、まれに何らかの副作用が起こることがあります。現在までに、重篤な副作用が起きたというケースは報告されていませんが、安全に使用するためには、注意して使用することが大切です。

フロリードDクリームの使用によって起こりうる副作用としては、発疹や掻痒感、紅斑、かぶれ、小水疱、皮膚の亀裂、刺激感、乾燥、痛みなどがあります。フロリードDクリームを使用して、かゆみや腫れ、発疹などのアレルギー症状が出た方や妊娠中または授乳中の方は使用する前に医師もしくは薬剤師に相談してください。また、アレルギー症状が現れた場合は、すぐに使用を中止して、医師の診察を受けてください。過去にフロリードDクリームを使用して何らかのアレルギー症状を引き起こしてしまった人は使用を控えてください。

フロリードDクリームは、かぶれやただれがひどくなっている患部や、傷のある部分は、使用によって刺激になり、より症状が酷くなる場合はあるので、使用の際は十分に注意して使用してください。

フロリードDクリームは、皮膚との相性が良くないと、患部がさらにジクジクとし、症状が悪化してしまうことがあります。使用する場合は、医師の診察を受け、指示に従って使用してください。また、他の医薬品を使用している場合、使用している薬同士によってお互いに作用を強めたり、弱めてしまう可能性もありますので、医薬品の併用には注意が必要です。