高熱を発生させる性病と治療法

性病によっては高熱を発生させるようなことがありますが、発熱を伴うことがある性病として、まず性器クラミジア感染症が挙げられます。
性器クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチスという原因菌が性器に感染することで発症するのですが、性交渉が原因になることが多いです。しかしキスやオーラルセックスなどが原因で感染することもあります。
治療法としては抗生物質や抗菌剤を投与することであり、大体1週間程度で治せます。
高熱を伴う性病としては淋病も挙げられますが、症状としては男性の場合は尿道のかゆみをはじめ、痛みや出血などがあり、女性の場合は陰部のかゆみや尿道から膿が出るようなこともあります。
淋病は性行為によって感染しますが、オーラルセックスでも感染リスクがあり、扁桃腺炎を発症させるようなこともあるのです。
淋病の場合の治療法としては、抗生物質の投与で治癒させることができます。治療期間としては数日から2週間程度です。
その他にも高熱を発生させる性病に性器ヘルペスがあります。これは2型のヘルペスウィルスに感染して発症する病気です。
発熱以外にもかゆみや痛み、水ぶくれといった症状が現れます。
一般的な治療法としては抗ヘルペスウィルス薬を服用することです。ヘルペスウィルスは本来は大人しい為、早期に服用すれば数日で改善することもできます。ただし、ヘルペスウィルス神経細胞に潜み再発する可能性がある為、治療をしてもまた症状が出るようなことがあります。特に性器ヘルペスの場合は再発率が低くありませんので、一旦症状が治まった場合でも油断してはいけません。
発熱を起こすのはlこうした性病が原因になっていることもありますので、風邪と勘違いして対策方法と見誤らないように注意することが大切と言えます。